« 週末の出来事 | トップページ | めんそ~れ »

2006/02/28

チャーリーとほら男爵

ほら男爵の冒険

監督 カレル・ゼマン

映像がすげくよかった~。動く絵本をみているようで、まぁすごい。って感じ。
独特の雰囲気がよかったなー。「バロン」に出てくるエピソードもいくつかあって、
テリーギリアムはこれをみてあの映画をつくったのか。なんて勝手に想像して
ました。あ、本を読んだのかな?原作の本、読んでみようかしら。

チャーリーとチョコレート工場

監督 ティム・バートン

やぁ~おもしろかった!楽しかった。ウォンカのキャラがよかったな~。
ジョニーデップはこういう変わり者の役をやってるときが一番スキ。って
前も同じようなこと書いたような・・・・。あ、あとウンパ・ルンパの歌と踊
りにもやられた!つーか、荒井注に似てねぇ?
と、まぁ終始笑いの要素満載だったのですが、ウォンカがお父さんに会
いに行くシーンではホロリと来てしまって。わかってた展開なんだけどす
ごくよかったな~。さすがティム・バートンという感じ。ホメすぎ?だはは。


あれ、なんかファンタジックな映画ばかり見てしまった。
ま、夢見る乙女だからしょーーがないっかー。でへ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67112/8880918

この記事へのトラックバック一覧です: チャーリーとほら男爵:

コメント

コメントを書く